ジンジャー30%配合ジンジャーキャンディー128g

560
(16point)

↑ ↓

ジンジャーピープルで、
「冷え知らず」さんに大変身♪


生姜ギライの方も、ドップリはまる美味しさ♪

 



最近、日経ヘルス編集の「体温をあげると健康になる」、「しょうが紅茶ダイエット」といった本や雑誌の特集の影響からか、お客さまから「ジンジャー(しょうが)商品リクエスト」のお問い合わせが増えてきました。



そこで、店長タナカ、早速全米でジンジャーアイテムNo.1の売上を誇るロイヤルパシフィックフーズ社に突撃取材を敢行!


担当者の方に、いろいろとお話を聞けば聞くほど、ジンジャーの秘めたるパワーに引き込まれてしまったのですが、さーここで問題です。



ジンジャー(生姜)に含まれる有用性分量は、どれくらいでしょうか?


 A、35%

 B、20%

 C、 9%


正解は、ズバリCの9%!ジンジャーにたったの9%しか含まれていない希少な成分の中に、辛み成分であるショウガオール、ジンゲロール、ジンゲロンといった3種類の有効成分が含まれているんですって。

そして、この辛味の成分が、エネルギー消費への影響に関係するらしく、さまざまな研究結果が発表されているそうなんです。


といったところで、第2問


20g相当の生姜を食べた場合、私たちの体は、なんと10%もエネルギー消費量をアップさせるそうなんですが、食べてからその変化が現れるまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?


 A, 1時間後から

 B, 3時間後から

 C, 8時間後から



正解は、ズバリ1時間後のA!

つまり、ジンジャーは食後すぐに、私たちの体をエネルギー消費モードにチェンジ! 

だから、ジンジャーは冷えにお悩みの方の苦痛を和らげたり、ダイエットモードに変身させる注目の成分と考えられているわけなんですね。

 





良いこと づくめのジンジャーのようですが、こんな万能ジンジャーにも実はいくつか弱点が。


それは、、、、


その1、適温で加工しないと、有用成分が壊れやすい

その2、調理時間を間違えると、辛味が目立ってしまう

その3、生姜は病気や台風による影響を受けやすい作物なので、農薬が使われた土壌で作られているものが多い


といったもの。


つまり、ジンジャーのパワーを最大限に引き出すのは、想像以上に難しく、また素材としての安全性にも問題があるジンジャーも多いってことなんですね。   ( うーーーん、これは困った。 (T_T:) )


そこでご紹介したいのが、ここまで詳しくジンジャー情報を提供してくれた、1984年に生まれのロイヤルパシフィックフーズ社の自信作ジンジャーピープルシリーズ!


ジンジャーの素晴らしさを世に広めたい!」というミッションを持つこの会社は、設立以来、大量生産では出すことができないコダワリの味を追求し続け、手作りでバリエーション豊かな商品を作り続けてきました。(その数、 今ではなんと80種類!)

生姜一筋のファミリー企業だからこそ、素材にも調理法にもここまでこだわることが出来たんでしょうね。


そんなジンジャーピープルシリーズの一番人気商品が、かわいいパッケージに包まれたジンジャーチュー(ジンジャーキャンディー)。

ホットコーヒーフレーバーのジンジャーチューは、インドネシアのジンジャーコーヒー(Kopi Jahe)からアイデアを得て、フレッシュジンジャーとコーヒーを組み合わせることにより、本物のコーヒーそっくりのキャンディーに仕上がりました。

コーヒー豆も厳選された東ジャバのアラビカコーヒー豆を使用し、ジンジャーのスパイシーな香りとコーヒーの苦味が見事にマッチ!

冬のお助けアイテムのショウガを一味違ったフレーバーでお楽しみ下さい!

 

ジンジンブースト
ウルトラストレングス ジンジャーキャンディー
商品名

Gin Gins Boost - Ultra Strength Ginger Candy

内容量
128g
ご使用方法
1回に1粒ずつ口の中で溶かしてお召し上がり下さい。
ブランド

Royal Pacific Foods/ ロイヤルパシフィックフーズ社製

内容成分
サトウキビ、ショウガ、タピオカスターチ

【2粒あたりの栄養成分】
 カロリー 40kcal
 コレステロール 0mg
 ナトリウム 0mg
 砂糖 10g 
広告文責 : 株式会社Arecare,Inc. 010-1-408-573-0733
生産国 : インドネシア  |  区分 : 食品


ジンジャーピープルで、
「冷え知らず」さんに大変身♪


生姜ギライの方も、ドップリはまる美味しさ♪

 



最近、
日経ヘルス編集の「体温をあげると健康になる」、
「しょうが紅茶ダイエット」といった本や雑誌の特集の影響からか、
お客さまから「ジンジャー(しょうが)商品リクエスト」に関する
お問い合わせが増えてきました。



そこで、店長タナカ、
早速全米でジンジャーアイテムNo.1の売上を誇る
ロイヤルパシフィックフーズ社に突撃取材を敢行!


担当者の方に、いろいろとお話を聞けば聞くほど、
ジンジャーの秘めたるパワーに引き込まれてしまったのですが、
さーここで問題です。



ジンジャー(生姜)に含まれる有用性分量は、どれくらいでしょうか?


 A、35%

 B、20%

 C、 9%


正解は、ズバリCの9%!

ジンジャーにたったの9%しか含まれていない希少な成分の中に、
辛み成分であるショウガオール、ジンゲロール、ジンゲロンといった
3種類の有効成分
が含まれているんですって。

そして、この辛味の成分が、エネルギー消費への影響に関係するらしく、
さまざまな研究結果が発表されているそうなんです。


といったところで、第2問


20g相当の生姜を食べた場合、
私たちの体は、なんと10%もエネルギー消費量をアップさせるそうなんですが、
食べてからその変化が現れるまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?


 A, 1時間後から

 B, 3時間後から

 C, 8時間後から



正解は、ズバリ1時間後のA!

つまり、ジンジャーは食後すぐに、
私たちの体をエネルギー消費モードにチェンジ! 



だから、ジンジャーは冷えにお悩みの方の苦痛を和らげたり、
ダイエットモードに変身させる注目の成分と考えられているわけなんですね。

 





良いこと づくめのジンジャーのようですが、
こんな万能ジンジャーにも実はいくつか弱点が。


それは、、、、


その1、適温で加工しないと、有用成分が壊れやすい

その2、調理時間を間違えると、辛味が目立ってしまう

その3、生姜は病気や台風による影響を受けやすい作物なので、農薬が使われた土壌で作られているものが多い


といったもの。


つまり、ジンジャーのパワーを最大限に引き出すのは、
想像以上に難しく、また素材としての安全性にも
問題があるジンジャーも多いってことなんですね。

   ( うーーーん、これは困った。 (T_T:) )


そこでご紹介したいのが、
ここまで詳しくジンジャー情報を提供してくれた、
1984年に生まれのロイヤルパシフィックフーズ社の自信作ジンジャーピープルシリーズ!


ジンジャーの素晴らしさを世に広めたい!」というミッションを持つこの会社は、
設立以来、大量生産では出すことができないコダワリの味を追求し続け、
手作り
でバリエーション豊かな商品を作り続けてきました。
(その数、 今ではなんと80種類!)


生姜一筋のファミリー企業だからこそ、
素材にも調理法にもここまでこだわることが出来たんでしょうね。



そんなジンジャーピープルシリーズの中でも
ジンジャー好きの人を特にトリコにしちゃうのが、
ジンジャーの配合がなんと30%にもなる
GIN-GINS ULTRA BOOST STRENGTH!

ナチュラル農法で大切に育てられたジンジャーと、
ミネラルを多く含むサトウキビから抽出した天然成分を
ブレンドして作られたソフトキャンディーです。












ジンジャーピープルシリーズの中でも
特にジンジャーの配合が多いので、
通常のジンジャーキャンディーではものたりないという
ジンジャーLOVERにオススメのキャンディーです。

ムカムカや不快感を和らげてくれるので、
プレママさんにもお勧めですよ。

ジンジンウルトラブースト